幅広い芸能〜のblog

芸能ニュースを主に更新していきます。
ドラマなども好きなのであの時のキュンとしたシーンも載せたりもします。
これ面白い!をモットーに日々更新していきます!
目にとまりましたらフォローよろしくお願いいたします。



    (出典 pbs.twimg.com)


    そうなんだね…面白そうな映画とは思ったけど…

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/10(日) 20:13:19.10 ID:FURWB+dq9.net

    3月1日に公開された高橋一生・川口春奈のダブル主演映画『九月の恋と出会うまで』が大コケしている。
    このままでは、2人の役者生命にも影響が出かねない状況だ。

    映画は同名タイトルの恋愛小説を実写化したもの。川口はとあるマンションに引っ越してきた北村志織を演じ、高橋演じる平野進と〝タイムパラドックス〟に翻弄されながら愛を育てていく。

    上映館数は全国248スクリーンとなかなかの規模な上、2人はプロモーションに多数のテレビ番組へ出演。
    土日2日間を対象とした「週末興行ランキング」のトップ10入りは確実視されていたが、フタを開けると11位という〝圏外〟に終わってしまった。

    この苦戦ぶりは、同ランキング9位の『劇場版シティハンター 新宿プライベート・アイズ』が上映館数251とほぼ同数な上、公開4週目であることを踏まえればより際立つだろう。

    「子役のころから数多くの作品に出演していた高橋ですが、主役を張るようになったのはここ数年のこと。
    2016年ごろから突如として人気が上昇し、30代後半にして脇役メインだった状況を一変させました。
    しかし昨年、ゴールデン・プライムタイム初主演の連ドラとなった『僕らは奇跡でできている』(フジテレビ系)が平均視聴率6.5%と大爆死。
    ようやくつかんだ主演のポジションも、『器ではなかった』と疑問視され始めています」(テレビ誌記者)

    そもそも無謀?「実は不人気」な2人

    しかし、映画大コケの責任は高橋だけにあるのではない。
    ダブル主演という形でパートナーを務めた川口は、13年に主演したドラマ『夫のカノジョ』(TBS系)で
    「21世紀の民放プライムタイム連ドラ史上最低視聴率」という空前絶後の珍記録を樹立。
    メディア露出の多さと反比例した需要の低さは明らかで、起用の段階から失敗が約束されていたとさえ言えるだろう。

    そして、今回の映画が大コケしたことにより、両者の〝実人気〟のごまかしも限界に達したようで…。

    「『九月の――』の〝逆ロケットスタート〟により、高橋と川口の〝虚像〟が白日の下に晒されましたね。
    2人ともメディアでは〝人気者〟として扱われていますが、周知の通りドラマの結果は散々。
    そもそも主演作を爆死させた2人を組ませる発想自体がナンセンスですが、今回の大コケにより、不人気さは隠しきれない段階にまで達したと言えるでしょう」(エンタメ雑誌編集)

    若くして「史上最低視聴率」の称号を手にした川口と、40手前でようやく主演クラスまで上り詰めた高橋。
    いずれも没落していくのは気の毒な境遇だが、果たして今後のキャリアやいかに。

    http://dailynewsonline.jp/article/1725860/
    2019.03.10 19:01 まいじ


    【【芸能】高橋一生・川口春奈タッグ映画が大コケ!】の続きを読む



    (出典 48ers.info)


    復活までにはならんやったんやね…
    一体どうしたんやろうね…

    1 豆次郎 ★ :2019/03/10(日) 21:58:12.16 ID:rHD1D2xC9.net

    3/10(日) 21:53配信
    NGT、謹慎中だった羽切瑠菜の活動辞退を発表

    NGT48は10日、活動自粛中だった研究生の羽切瑠菜(19)の活動辞退を公式サイトで発表した。

    運営側は、昨年12月26日に「活動のルールに反する行動が認められたため」と羽切の活動自粛(謹慎)を発表しており、羽切はこの日、「みなさんをお待たせしてしまった上に、このような発表になってしまい、とても申し訳なく思っています。短い間でしたが、夢みたいな活動をさせていただきました」とコメント。今後の活動はなく、「もっとアイドルとして、たくさんのことを経験したり感じたりしたかったという思いもありますが、これから先の自分の将来を考え、別の道を歩む決断をしました。これからは、新しいことに挑戦したり、たくさんの経験をしたりして、大切なものを大切にできる大人になりたいと思います。最後に、今までたくさんの幸せをありがとうございました」とつづった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-03101187-nksports-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】謹慎中だった羽切瑠菜の活動辞退を発表】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    本当年齢より綺麗だよね☆
    努力はちゃんとしないといけないね☆

    1 湛然 ★ :2019/03/09(土) 05:06:13.20 ID:m7pGr8G29.net

    2019年3月8日 20時11分
    石田ゆり子の“高ーく上がる足”にファン驚き「すごい」「柔らかい」

     女優の石田ゆり子が8日、自身のインスタグラムを更新し、トレーニングをしている様子を公開。石田の高く上がった足を見たファンから「すごい」「やわらかーい」と驚きの声が上がった。

     「まだまだ お見せできるような段階ではないのですが 今年に入ってから 筋トレ始めました」と報告した石田。アップされた写真には運動着姿で、ストレッチ中の石田の姿が。その足は顔より上まで高く上げられ、見事だ。

     石田は以前にもピラティスを行う動画を投稿するなどしていたが、「ピラティスも並行しています。(ピラティスは少しゆっくりペースになっていますが並行して続けます!)」とのことだ。

     「アンチエイジングという言葉は好きではないけど 運動は、本当の意味での アンチエイジングです」という石田に、ファンからは感心の声が寄せられたほか、(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    yuriyuri1003


    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)
    ?_nc_ht=scontent-nrt1-1.cdninstagram.com
    https://www.instagram.com/p/BuvlHcgBTCe/

    ピラティス中 ※「石田ゆり子」インスタグラム

    (出典 www.crank-in.net)


    (出典 www.crank-in.net)


    (出典 www.crank-in.net)

    https://www.crank-in.net/news/63198/1


    【【芸能】石田ゆり子の驚きのポーズ】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    本当よく見るよ!!
    普通に面白いからね☆

    1 膳摩漏 ★ :2019/03/09(土) 20:32:44.27 ID:r6O4dKR49.net

    昨年6月と12月に特番で放送された『テレビ千鳥』(テレビ朝日系)が、4月よりレギュラー化。毎週月曜深夜1時59分~から放送されると発表された。

     『アメトーーク!』の加地倫三氏が手がけている同番組。千鳥の2人とは昨年10月まで放送された『千鳥の路地裏探訪』以来のタッグとなる。

     大阪で活躍していた芸人が東京で活躍することはよくあること。ダウンタウン、今田耕司、東野幸治、千原兄弟、陣内智則などなど数えればキリがないが、千鳥は今までにない特徴的なブレークを果たしているという。

     「特に、お笑いファンの中では知られているテレビマンとタッグを組むことが多いですね。前出の加地氏、テレビ東京・佐久間宣行氏の『NEO決戦バラエティ キングちゃん』や『青春高校3年C組』(テレビ東京系)などです。『水曜日のダウンタウン』の藤井健太郎氏とはまだガッツリ仕事をしていないようですが、同番組のプレゼンターとして何度も呼ばれています。芸歴19年のベテランではあるものの、フレッシュではあるし、安定感やコンビネーションも抜群。テレビマンが“一緒に仕事がしたい”と思わせてしまう魅力を持ち合わせているのでしょう」(エンタメライター)

     彼らはネタに定評があったが、『爆笑オンエアバトル』(NHK)や『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)などのネタ番組ではことごとく不発に終わっている。前評判が高かった『THE MANZAI』(フジテレビ系)でも優勝はできなかった。東京でくすぶっていた彼らが、全国でブレークできたきっかけのひとつが、『笑神様は突然に…』(日本テレビ系)への出演だ。大阪時代から培ったロケ芸人としての実力を十分に発揮できた番組である。

     「地道に活動していく中で、ようやく掴んだチャンスをモノにした千鳥の勢いは止まりませんでした。今やコマーシャルにも多く出演していますし、アンチも少ない。今後は、サンドウィッチマンのような愛されキャラクターになることが予想されます」(同上)

     大悟に関しては、不倫疑惑が週刊誌に報じられたこともあったが、世間からバッシングを受けることはなかった。時代背景を鑑みても、ある意味彼らが最強の芸人なのかもしれない。

    https://npn.co.jp/article/detail/98035064/


    【【芸能】お笑い 千鳥の勢いが止まらない訳】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    いい方じゃないのかな??
    やっぱ世間は厳しいね…

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/08(金) 20:55:42.60 ID:PzddCa1C9.net

    3月6日に放送された北川景子主演の連続テレビドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)第9話が、平均視聴率10.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。
    ここまで「全話2ケタ維持」といえば聞こえはいいが、10.2%は前週第8話と同率で自己最低タイ。最終回目前にしては、さびしい数字である。

    本作の主人公は、テーコー不動産新宿営業所の営業ウーマン・三軒家万智(北川)。家を売ることが趣味で「私に売れない家はありません!」と豪語する自信家だが、
    家を売るためなら地道な情報収集から強引な手段までやってのける。そんな万智を同僚たちは少し引き気味に見ているところもあるが、夫で課長の屋代大(仲村トオル)には愛され、
    部下の庭野聖司(工藤阿須加)にも慕われている。また、フリーランスの不動産コンサルタント・留守堂謙治(松田翔太)は、小学校で同級生だった頃から万智を「愛している」という。

    これまで留守堂は万智を“ひそかに思う”ことで満足していたが、第9話では彼女と屋代の夫婦関係に嫉妬するなど、気持ちを抑えたままの状態に限界を感じ始める。
    新宿営業所のエース・足立聡(千葉雄大)が新婚の新垣浩介(渋江譲二)&美優(佐藤めぐみ)の家探しを担当するなかで、
    留守堂の客・迫田のぞみ(小野真弓)が売却予定の家を紹介することになったが、留守堂がのぞみの夫・祐樹(永野宗典)に“肩入れ”してしまったために両夫婦の家の売買が白紙に……。
    そんな留守堂らしからぬ様子を足立も気にしていた。

    一方、万智は高齢の母親と同居するための家を探す馬場礼子(酒井若菜)を担当し、
    フルリノベーションしたばかりの家を再度フルリノベーションするという大胆な行動に出る。その家は、設計デザイナー・真壁涼(入江甚儀)のこだわりが詰まった内装となっており、
    庭野は真壁のデビュー作を売り込もうと張り切っていたのだが、万智は「友情ごっこで家は売れない」と一刀両断。
    最終的に、礼子と母親・静江(松金よね子)の同居話がまとまり、庭野と真壁も納得するのだった。

    そんななか、万智に対する留守堂の愛がついに爆発! 万智を呼び出し、再び気持ちを伝えるが……。
    万智は、留守堂が小学生時代から“女神”と信じてきた相手が自分ではなく、「山田和子(風見梨佳)ちゃん」であると告げる。

    つまり、留守堂は人違いで万智に執着し、同じ不動産業に就くまでになっていたのだ。
    この事実を突きつけられた留守堂は万智を逆恨みしてしまう……という内容を繰り広げた。

    留守堂のキャラクターが“ドジ”であると強調されてきたのは、このためでもあったのだろう。
    インターネット上には「勘違いしたまま大人になってしまったなんて切ない」「万智を思って不動産屋さんになったのに、人生の取り返しがつかないよね……」など留守堂への同情も寄せられたが、
    それよりも「逆恨みはダメでしょ? 万智は何も悪くないじゃん!」「留守堂はかわいそうだけど、勘違いは自分のせいだよね」「この思考回路、怖すぎる」といった書き込みのほうが圧倒的に多かった。
    「愛が憎しみに変わる」というケースは聞いたことがあるけれど、思い込みが激しく、自分の間違いを受け入れられずに逆恨みする人間は確かに怖い。

    この急展開から次週フィナーレを迎える同ドラマだが、公式サイトによれば、留守堂は“万智のノウハウを組み込んだAI”を使ってテーコー不動産をピンチに追い込むらしい。
    いわば「万智(本物)vs.万智(AI)」の対決なのでおもしろそうではあるが、かなり突飛な最終回である。
    視聴率が停滞しているなか、“賭け”に出たのかもしれない。

    そもそも、同ドラマのファンは万智が家を“爆売り”する姿に盛り上がるのだから、万智と留守堂の話がポイントとなった第9話が盛り上がりに欠けたのも仕方ない。
    その点、最終回は万智の活躍に期待していいはずだ。現時点で第2話の12.9%が自己最高視聴率となっているが、最後にこれを上回ることができるだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1723021/
    2019.03.08 17:00 ビジネスジャーナル


    【【芸能】『家売るオンナ』想定外の視聴率低下??】の続きを読む

    このページのトップヘ