幅広い芸能〜のblog

芸能ニュースを主に更新していきます。
ドラマなども好きなのであの時のキュンとしたシーンも載せたりもします。
これ面白い!をモットーに日々更新していきます!
目にとまりましたらフォローよろしくお願いいたします。

    カテゴリ: タレント



    (出典 image.news.livedoor.com)


    意外だね(笑)
    靴より売れてるんだね☆

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/08(金) 13:55:51.45 ID:73yly1yp9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    元貴乃花親方の長男で靴職人兼タレントの花田優一(23)が8日、SNSを更新した。

    都内で開催中の「アートフェア2019」に絵画を出展している優一は「おかげさまで今回展示した絵は昨日、初日にすべて完売致しました」と報告した。

    「自分の絵が作品を愛してくださった方々のところへ行くことの喜びは計り知れません こんなふうに並べて見れるのもこれが最初で最後 生で見るのはまた違うので是非いらしてください」と来場を呼びかけた。

    さまざまなトラブルが報じられている優一だが、画家としての人気はうなぎ上り。昨年12月に都内で初めて開いた個展も18点の絵を完売し、約100万円を荒稼ぎした。

    良くも悪くも知名度の上昇で、付加価値を見いだす客がいるようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16128519/
    2019年3月8日 13時0分 東スポWeb


    【【芸能】花田優一 靴より売れてるものとは】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)


    何かネット社会って怖いね…
    便利だけじゃないもんね…
    恐ろしいこと考える人もいるし…

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/05(火) 16:06:39.36 ID:92B+ldFq9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    ブロガーのはあちゅうが自身のツイッターで、自身のアンチ行為をしていたネットユーザーの情報を発信しているとして物議を醸している。

    はあちゅうは4日にツイッターを更新し、「ツイッターでしつこくアンチ行為をしてくる人の身元が割れた」とツイート。
    その人物について、「子供と一緒に出演したメディアで夢を語る主婦の方だった」とし、「表の顔では夢や希望を語り、
    一方で誰かに執拗に粘着し、アカウントを複数つくり、悪口を書き込み、陥れようとする。これが人間なんだなぁって感じ」とつづった。

    また、「相手の本名も身元も分かっても、こちらがそれを晒せばたぶんこちらが大人気ないってことになるんだろうなぁ」とぼやきつつも、
    「その人が本名でやっているインスタは、人への感謝と充実した私の発信でぎゅうぎゅうだった。裏の陰湿さとのギャップが怖すぎる」と吐露。さらに、現在は削除されているものの、
    「その人のインタビューにはこんなことが書かれていた」として、充実した活動をしていることを示唆するその人物のインタビュー文を公開。
    「アンチ行為が楽しくてしょうがない日常だと誰が思うだろう」と記していた。

    この一連の投稿にネットからは、「充分大人気ないことやってますよ」「被害者ぶってますけどやってることアンチと変わらないですよ」
    「真偽の説明もなしにいきなり個人特定できる情報を晒すのはないでしょ…」といった声が殺到。批判の声が集まっている。

    「実は、はあちゅうがツイートした文面を検索すると、とあるインタビューがヒットし、個人が特定できる状態になっています。
    アンチ活動の真偽は不明ながら、その人物の個人名も上がっており、はあちゅうの元には『怖いですね。
    名誉毀損で、弁護士さんに相談してみてはどうですか?』『嫉妬ですかね?ショックですね…』という擁護やフォローの声も上がっていますが、
    この一連の行為がさらにアンチファンを生むという皮肉な結果にもなっています」(芸能ライター)

    ネット上で特定された人物は、現在インスタグラムアカウントを削除している状態。
    ネットからは影響力の大きいはあちゅうの今回の発信について、いまだ賛否が集まっている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1718420/
    2019.03.05 15:30 リアルライブ


    【【芸能】はあちゅうがアンチを特定】の続きを読む


    河野 景子(こうの けいこ、本名同じ、1964年11月12日 - )は、日本のフリーアナウンサー、タレント、元フジテレビのアナウンサー。 元夫は元大相撲力士の第65代横綱・貴乃花光司で、婚姻中は花田 景子(はなだ けいこ)として活動。 一般社団法人日本漢字習熟度検定協会・名誉会長、日本ペンクラブ会員。
    18キロバイト (2,260 語) - 2019年1月4日 (金) 04:28



    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    そうね…
    あまりよろしくはないよね…

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/05(火) 06:45:57.02 ID:92B+ldFq9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    昨年10月、元貴乃花親方の貴乃花光司氏(46)と離婚した元フジテレビアナウンサー河野景子さん(54)が離婚後初の著書「こころの真実 23年のすべて」(世界文化社)を5日発売する。
    離婚を景子さんから切り出したことや、ストレスで円形脱毛症になったことなど23年間の結婚生活を赤裸々に告白。
    「何もかもが限界でした」と包み隠さず心情を明かしている。

    世間を騒がせた平成の大横綱と支えてきた妻の離婚劇。双方が多くを語らなかった離婚の経緯について、景子さんは著書の中で「私から切り出した」と明言。
    「彼が引退届を協会に提出したことが離婚の引き金になったのは確か」と、共に精魂を注いだ貴乃花部屋の消滅を大きな原因として挙げている。

    体の変調も引き金となった。景子さんに衝撃的なことが起こったのは2012年ごろ。前頭部の髪が直径5センチほど抜け、円形脱毛症に。
    そこで「このまま終わっちゃうの、私の人生」との思いが巡った。
    離婚への予兆はその頃から生まれ「否応(いやおう)なしに降りかかってくる大きなストレスに、もう耐える自信がなかったのかもしれません。(中略)何もかもが限界でした」と振り返った。
    「引退届を出さずにすむ状況だったとしても私は別れていたかもしれない」との心の内も吐露している。

    多くの人が知る貴乃花氏の波瀾(はらん)万丈な人生。勝負師としての生きざまや大きなケガ、さらには花田家の騒動など結婚生活は平穏な時間の方が少なかった。
    景子さんは、ここ数年、ぎっくり腰になっても夫を迎えに行くため「はうようにして運転席に座った」とし、
    インフルエンザ明けでも「“大丈夫だ。もう熱ないんだろ”と彼に押し切られてフラフラするのをこらえて知人のお祝いに出かけた」とつづっている。
    一方で、貴乃花氏は師匠としての顔、協会と向き合う「貴乃花光司」の時間が増え、次第に「花田光司」ではなくなっていったという。

    弱音を吐けない妻と、家族としての顔を見せなくなっていった夫。景子さんが明かした「お互いの中で“いつか離婚するだろう”という思いは生まれていた」。
    同書に描かれた、積み重なる夫婦のすれ違いによる離婚劇の内幕は、世間で大きな反響を呼びそうだ。

    出版にあたり景子さんは「これまでの23年間のいろんな出来事に対して、私が抱いた“私の心の中にある真実”を書きました」とコメント。
    出版関係者によると「元旦那さまにも読んでいただきたい」と希望しているという。

    ◆河野 景子(こうの・けいこ)1964年(昭39)11月12日生まれ、宮崎市出身の54歳。
    上智大外国語学部フランス語学科卒業後、88年にフジテレビにアナウンサーとして入社。
    94年に退社してフリーに。95年に貴乃花と結婚し、1男2女を出産。04年から昨年まで貴乃花部屋の女将を務めた。
    16年に株式会社ル・クールを設立し「河野景子のことばのアカデミー」を開校。講演、朗読会などでも活動している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16110185/
    2019年3月5日 6時30分 スポニチアネックス


    【【芸能】河野景子さん 本発売も不評??】の続きを読む



    (出典 tokushima.ismcdn.jp)


    幸せそうで何よりだよ☆
    すごいスピードだね!!

    1 Egg ★ :2019/03/04(月) 12:31:55.26 ID:vn2xIVW/9.net

    フジテレビ系で放送された恋愛バラエティー「あいのり」に出演して人気を得たブロガーの桃さんが、昨年7月に離婚して以来、初めてできたという彼氏との再婚についての思いを明かした。

    桃さんは3日、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾のAbemaTV「7.2 新しい別の窓」に彼氏と出演。放送後にもブログで「彼氏、なんと、10歳年下の24歳なんです」とあらためて紹介した。

    彼氏は、桃さんの親友で「あいのり」元メンバーであるクロさんの夫の弟だという。「3週間前にクロが開催してくれたホームパーティーで急接近しました…!」となれそめを明かした。

    「最初は、『もしまーさん(彼氏)と結婚したら、私たち姉妹になれるんだね?!』ってクロと冗談半分で話してたんだけど…まさか、本当に付き合うことになるとは…と、本人たちもかなりびっくりな展開なのです」と桃さん。「子供もすぐにでも欲しいって言ってくれてるし、2人ともすごく将来の家族計画がすごく楽しみなんです いつかはクロの家族と一緒に家を建てて一緒に子育てしようねーーー!なんて話まで…」と再婚への意欲を明かした。

    桃さんは2010年に一般男性と結婚したが、昨年7月のブログで離婚を発表した。

    3/4(月) 12:27配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-03040228-nksports-ent


    【【芸能】あいのり桃 10歳年下彼氏との再婚に意欲】の続きを読む



    (出典 www.bellmark.or.jp)


    便利のいい世の中になったのは確かだけど、便利すぎておかしい方向にいくのが人間の悪い所だよね…
    そしてそれを誰かのせいにするという…

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/26(火) 14:45:46.72 ID:JATFh0Hq9.net

    教育評論家の尾木直樹氏(72)が25日、ブログを更新し、小中学校へのスマホ解禁問題に言及した。

    かねて解禁に反対の姿勢を示してきた尾木ママは「論拠もない暴論の根強さにーー」とのタイトルで、改めて自身の考えを述べた。

    「本当に日本って子どもの命や安全を守れないんだなあって悲しくなります! 大阪の義務教育へのスマホ持ち込み容認にしても文科大臣の禁止見直し提案にしても
    ・なぜ安全・安心なのかデータや実績を明示しないで無責任に無頓着に世情に迎合する形で学校への持ち込みを容認するなんてーーひどいにもほどがありますが!」

    尾木ママは反対する理由として教育現場にスマホがもたらす6つの課題を指摘した。 

    ・依存による学力低下は?

    ・いじめの拡大

    ・ネットトラブルへの対応は?

    ・盗難や忘れ対応は?

    ・先生が振り回される

    ・保護者はわが子にネット教育、指導する知識がない

    解禁を巡っては、ネット上でもさまざまな議論を呼んでいる。前大阪市長の橋下徹氏(49)はツイッターで「時代の流れに合わせて変えるところは変えないとね」と支持を表明した。

    ただ、尾木ママは緊急時の連絡手段としても他のツールを利用できると強調。教育評論家の見地から「課題は山積している気がします!」と声を大にした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16077702/
    2019年2月26日 13時53分 東スポWeb


    【【芸能】なぜ学校スマホ解禁がダメなのか?】の続きを読む



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    ちょくちょく見るようになってきたね☆

    1 ばーど ★ :2019/02/21(木) 10:10:28.12 ID:uao2QFZ19.net

    4月5日公開の映画「麻雀放浪記2020」に出演するタレントのベッキーさんが、「クラブのママ」と「AI搭載アンドロイド」の“一人二役”を演じていることが明らかになり、アンドロイドver.のビジュアルが公開されました。こんなにニコニコしてないベッキー初めて見た。

    【画像】全身カット
    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1902/20/l_hkfig0219-be*y3.jpg
    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1902/20/l_hkfig0219-be*y2.jpg
    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1902/20/l_hkfig0219-be*y1.jpg

     小説『麻雀放浪記』(阿佐田哲也作)を大胆にアレンジし、1945年と2020年の2つの時代を軸に展開する同映画。ベッキーさんは、1945年では斎藤工さん演じる「坊や哲」が通っていた麻雀クラブのママである八代ゆきを、2020年では「坊や哲」の前に現れる謎のAI搭載アンドロイドであるユキを演じます。

     全面にうろこ状の模様が施されたシルバーのボディースーツと、胸の下からウエストまでを覆っている黒のコルセット姿が特徴のユキ。顔には特別な装飾はされていませんが、元来の端正な顔立ちがアンドロイドの無機質っぽさと見事にマッチしています。

    ・ベッキーさんのコメント
    二役もやらせていただけて嬉しかったです。二役と言っても、“人間と人間”ではなく“人間とAI”なので、かなりやりがいがありました。AIに心はないけれど、AIなりの心の動きがほんの少し伝わったらいいなぁと思っています。

    ・斎藤工さんのコメント
    ベッキーさんは演じるを超えて、ほぼ“憑依”されていました。麻雀も体得されていて、特にAIユキのハマり具合は衝撃的。ベッキーさんにしか務まらない役柄でした。

    ・白石和彌監督のコメント
    ベッキーさん結婚おめでとうございます。麻雀放浪記2020の中でオックス(クラブ)のママ・八代ゆきとの二役でAIユキも演じていただきました。感情を持たない AIという難役で大変だったと思いますが、見事に演じてくれました。AIという役の経験は結婚には役立たないかもしれませんが、八代ゆきの妖艶さは是非とも結婚生活に役立ててください!

     主演の斎藤工さんが構想10年をかけて再映画化を熱望した同作は、映画「孤狼の血」などアウトローな世界を描く名手・白石和彌監督とタッグを組み実現。1月に国会議員を対象にした試写会が行われた際には、「2020年東京五輪が中止になった日本」という設定が議員の間で物議を醸し、一部で「公開中止か?」と報じられるなど、ストーリー同様にどこまでも攻めたキワキワな姿勢が世間の耳目を集めました。

    2/21(木) 8:53
    ねとらぼ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190220-00000008-it_nlab-ent


    【【芸能】ベッキー、体形くっきりアンドロイド姿】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    どうしてこうなったんだろうね…

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/02/21(木) 07:12:24.84 ID:IT56Oyoj9.net

     2月18日、三田佳子(77才)の次男・高橋祐也(39才)のツイッターにこんな投稿があった。

    《明日女性セブンに、俺が東京でプラプラしてるみたいに書かれるらしいが、ポリープの治療と、離婚の協議で保護観察官に許可を得て東京に来ている》
    《実際沖縄の施設もいいが、生活を自分で立て直さないと、養育費も支払って行けない。その件、保護観察所に説明していかなくては》
    《明日の女性セブンはどう書くか。またどうせ印象で書くのだろうが。割と私は仕事探して一生懸命やっているよ。》

     その真相は、いかに──。

    《有り体に言えば。最低のバカ息子、高橋祐也です。これから、私はどこに向かって生きていくのか。大事な人をどう見抜いて温め合うのか》

     ポエムのようなこの文章は、祐也のブログのプロフィール欄に綴られたもの。昨年9月に覚せい剤取締法違反で4度目の逮捕となった祐也は、懲役2年6か月・保護観察付き執行猶予5年の判決を受けた。翌月には仮釈放され、沖縄県内の覚せい剤依存の更生施設に入所した。

     しかし、自分の行いへの反省の様子はなく、1月14日のツイッターには《コレが例の地下室の写真であるわらわら》と綴り、過去に「覚せい剤パーティー」を行っていた実家の豪邸の地下室と思われる写真を投稿している。

     2月上旬、祐也は沖縄の更生施設ではなく、東京のタワーマンションのペントハウスにいた。

    「1月半ば、“東京で仕事がある”と言って更生施設を出てきたそうです。沖縄から父親に電話して“羽田空港まで迎えに来て!”と言い、父親は仕事を中断して迎えに行ったと聞きました。

     戻ってきた祐也は三田さんの住むタワーマンションで暮らしています。本人は帰京の理由を“離婚の話し合いのため”と言っていますが、それなら離婚協議に集中して早く沖縄に戻るべきなのに、友人と食事に行ったり、バーに飲みに行ったりして、そこでもトラブルを起こしているようです。“施設を脱走したんじゃないか”と言う人までいますよ。本当に治療する気があるのかな…心配です」(祐也の知人)

    >>2以降に続きます

    2/20(水) 16:00配信 NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190220-00000022-pseven-ent


    【【芸能】三田佳子次男 高橋祐也 タワマン暮らし】の続きを読む

    このページのトップヘ