幅広い芸能〜のblog

芸能ニュースを主に更新していきます。
ドラマなども好きなのであの時のキュンとしたシーンも載せたりもします。
これ面白い!をモットーに日々更新していきます!
目にとまりましたらフォローよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:芸能 > お笑い芸人



    (出典 d10tw3woq6mt3i.cloudfront.net)


    あまり聞かない声優さんだけど、ムカついたんだろうね…
    芸能界は厳しいね…

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/14(木) 08:43:38.04 ID:i7IHS5VF9.net

    2月12日放送の「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)に池澤春菜(43)、尾崎由香(25)ら人気声優が出演。大島美幸(森三中)が尾崎に声を荒げる場面があった。

    年齢でオーディションに落とされてしまう声優業界の現状に、芸歴24年の池澤が「呼ぶ前から分かっていただろうって思うんですけど」と不満を口にすると、
    尾崎は「今の声優って、アフレコだけじゃなくて歌ったり踊ったりとかキャラクターに近い人が選ばれる可能性が高いんですよ、歌って踊れる声優が今一般的」と発言。

    「歌えもしない、踊れもしないと……」と池澤が応戦すると、尾崎は「そんなことないですよ。
    でも、若い人の方が演じやすいっていう」とさらにフォローにならないコメントを返し、吉村崇(平成ノブシコブシ)も「新旧バチバチじゃない!」と驚いていた。

    そんな中で、池澤は「若手のアイドル声優に怒れない」という悩みを告白。
    監督のダメ出し中に、スマホをいじっているアイドル声優に対して一度注意したことがあるが「池澤さんにいじめられた……って、泣きながらスタジオを出て行ってしまった」という。

    司会の有田哲平が「先輩が注意できずにストレス溜まっているんだって、どう思う?」と尾崎に振ると「頑張ってください」とつれない返事。
    そんな尾崎に対して、大島は「何なんすかアイツ? コイツが人気あるの?」と声を荒げていた。

    次回の「有田哲平の夢なら醒めないで」は2月19日(火)夜11:56より放送予定。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190214-00179321-the_tv-ent
    2/14(木) 6:00配信


    【【芸能】森三中・大島がイラつく相手とは…】の続きを読む



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    そうなるのも仕方ないよね…

    1 Egg ★ :2019/02/16(土) 23:31:52.22 ID:+AVtgYGb9.net

    フィギュアスケート・羽生結弦のものまねタレント、羽生ゆずれないが16日、公式ツイッター、インスタグラムで改名することを発表した。新芸名はSNSなどで一般公募するという。

     ゆずれないは昨年12月13日発売の週刊文春で、『小塚崇彦 “羽生芸人”と女性ホテル連れ込み』との見だしで、元フィギュアスケート選手の小塚崇彦とホテルで美女2人と過ごしたことが報じられた。報道直前には小塚と妻で元フジテレビアナウンサーの大島由香里と離婚に向けて話し合いをしていることが明らかになっていた。

     ゆずれないのツイッターの更新は「記事に書かれているような女性との関係など事実無根」と報道について説明した昨年12月12日以来、2カ月ぶり。「お久しぶりです!しばらく放置していて申し訳ありませんでした!色々と考えた結果ですのでよろしくお願いします!」と久々の更新を詫び、改名を発表した。

     所属事務所からの説明文も添付されており、「本人、事務所サイドでこの数ヶ月間、幾度となく話し合いを重ね」た上での改名とした。

     芸名は16日から24日まで、事務所とゆずれないのSNSで公募する。

     小塚との夜遊び報道を受け、ゆずれないのコメント欄には「名前変更して下さい」「むかつく」「芸名を変えてください」などと、不名誉な件で“羽生”の名前が取り上げられることに怒りのコメントが日本語、中国語、英語などで殺到し、炎上していた。

    2/16(土) 23:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000145-dal-ent

    写真
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/02/16/0012072220.shtml?ph=1


    【【芸能】羽生ゆずれない スキャンダルで世界中から非難殺到】の続きを読む



    (出典 entamelabo.com)


    変装なしってすごいね☆

    1 47の素敵な :2019/02/15(金) 08:33:23.69 .net

     放送日はバレンタインデー前日とあって、男性出演陣は柏木からのチョコのプレゼントを期待するもまさかの手ぶら。柏木は言い訳するも、お笑い芸人のケンドーコバヤシ(46)からは「いや、だってヒマしてたやん、本番直前」と、買うタイミングがあったことを責め立てられていた。

     というのもケンコバとマネージャーが赤坂界隈で食事を摂ろうとしていると、なんと一人でブラブラする柏木とバッタリ出会ったのだという。

     驚くべきは柏木がまったく変装していなかったということ。完全に本人と判断できる格好で、赤坂をブラブラしていたというのだ。ケンコバはその姿を見て「現役AKBで変装なしで歩いている人、初めてみたわ」と驚いたという。

     それを聞いた柏木は「ウソ、マジでいつもしないです」と笑うばかり。「アンガールズ」田中は「だって『誰や?』ってレベルの人でもマスクしてるのに」と、あまりにも無防備な柏木の様子を聞いてあっけに取られていた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00000152-spnannex-ent VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    【【芸能】アンガールズ田中 柏木由紀の驚くべき行動】の続きを読む



    (出典 news.mynavi.jp)


    結構ビックリだね☆
    厳戒態勢ってのもビックリ!!

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/02/15(金) 07:18:56.36 ID:BTZVsQAv9.net

    独身貴族でドケチ生活を続けてきた売れっ子芸人がついに決断!

    顔を覆い隠すほど大きなマスクをかけ、フードを目深に被るこの怪しげな男性。何やら物々しい様子で都内下町の路地を歩くのは、お笑いコンビ『オードリー』の春日俊彰(40)だ。

    本誌が彼の姿を目撃したのは2月1日、早朝のこと。通りに現れた春日はそそくさとタクシーに乗り込み、杉並区内の自宅アパートへと帰っていった。辺りを警戒する彼の様子からは、誰にも見つかりたくないという雰囲気が漂っているが―それもそのはずだろう。実はこの日、春日は本命彼女の実家に“極秘お泊まり”していたのだ。

    気になるのは、その相手の女性。都内のドッグカフェで働く一般人女性・Kさんである。

    「春日とKさんが出会ったのは5年前。後輩を交えた飲み会に彼女が参加したことがキッカケでした。そこでLINEを交換した春日は、Kさんに猛アタック。忙しい合間を縫って二人で旅行に行ったりするなど、仲を深めていきました。ちなみに、春日はKさんと出会った5年前、ラジオで『彼女は25歳』と言っていましたが、あれは周りの目をくらますためのウソ。実際のKさんは今年で40歳。つまり春日と同い年です。二人は昨年あたりから具体的に結婚も考え始めたようで、同じ事務所の芸人仲間の家にも彼女を連れて行き、紹介しているようです」(芸能プロ幹部)

    実は、本誌が春日の姿を捉えたこの日は、Kさんの40歳のバースデーのタイミング。この前日、勤め先のドッグカフェでの仕事を終えたKさんはケーキを買って実家に直帰した。それから約4時間後に春日がKさんの実家を訪れ、冒頭のようにそのまま一夜を過ごしているのだ。Kさんの両親を交えて、誕生日パーティを開いていたのだろう。

    同日、Kさんは自身のSNSで、
    〈今日は。みそじ最後の日。いろいろあった、みそじの日々。よそじは、いろいろと変化する年になりそうだな。緊張してきたっっ〉
    と、結婚を匂わせる言葉を綴っている。同じ投稿で春日に誕生日を祝ってもらうことまでほのめかしていたのだ。

    売れっ子芸人とドッグカフェ店員の真剣交際。なんとも“イイ話”である。
    春日の所属事務所に取材を申し入れたところ、
    「彼女との関係については、春日のほうが一方的に狙っているオンナとしか聞いていませんが……」
    という回答が返ってきた。

    超がつくほどのドケチ芸人としても知られ、貯金は数億円とも言われる春日。独身貴族を謳歌してきた彼も、ついに身を固めそうだ―。

    2月15日発売のFRIDAYでは、複数の写真を掲載、交際の様子や彼女の父親への直撃取材など詳しく報じている。


    2/15(金) 7:04配信 FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00010000-friday-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】オードリー春日に熱愛??】の続きを読む


    千原 ジュニア(ちはら ジュニア、1974年3月30日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者であり、お笑いコンビ千原兄弟のボケを担当。本名および旧芸名は千原 浩史(ちはら こうじ)。 京都府福知山市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。京都共栄学園中学校卒業。京都共栄学園高等学校中退
    39キロバイト (5,599 語) - 2019年2月10日 (日) 12:54



    (出典 news.nifty.com)


    お腹緩いのは何だか分かる気がする…
    緊張したりすると余計ね…
    精神的なものだとは思うけど、何かね…
    お腹気になるよね☆

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/12(火) 06:34:37.18 ID:/5qDszGC9.net

    2月12日(火)放送の「世界の村で発見!こんなところに日本人 3時間SP」(夜7:00-9:48、テレビ朝日系)は、いつもは番組MCとして旅を見守る側の千原ジュニアが、初の一人旅で日本人探しに挑む。

    向かったのは番組放送12年目にして初めて訪れる国・イスラエル。スタジオゲストの女優・森口瑤子、パネラーの森山良子も「紛争があり、
    行くには怖いイメージがありますね」と語る通り、外務省が発表している海外安全情報において、その全土が危険度1(十分注意してください)以上に指定されており、
    レバノンとシリアの国境をはじめレベル3(渡航中止勧告)が発令されている地域もあるほど危険な場所だ。

    「危険な印象のある国ですから、MCの私が行くしかないでしょう!」とイスラエルに到着した千原ジュニア。
    空港や首都・エルサレムへと向かう電車の道中で目にする住民の様子に、
    「住んでいる方々は、フレンドリーで優しい笑顔! めちゃくちゃ好きや!」とその印象は一変する。

    しかし、エルサレム市内ではマシンガンを所持した女性兵士が街を練り歩いており、国の情勢をまざまざと思い知らされる。

    さらに、日本人が暮らしているというエゾルツァフォーンという地域への行き方をリサーチしていると、険悪な表情で「向こうへ行け!」という声を浴びせられる。
    実は、「エゾルツァフォーン」はユダヤ語で、アラブ人の中にはユダヤ語をあからさまに嫌う人たちもいるという。
    その様子に千原ジュニアは「複雑やねんなあ」と困惑する。

    エゾルツァフォーン地域にあるゴネン村はエルサレムの最北部で、レバノンとの国境にある村。
    そのエリア近隣は危険度レベル3に指定されており、思わず「北部ってやばいよね。大丈夫なんかな」と表情を曇らせる。

    ■ 兄・せいじもあきれるジュニアのお腹問題

    今回の旅の道中、一番の問題となったのは千原ジュニアの“お腹ゆるゆる問題”だった。なんと40回以上もトイレへ駆け込んだという。
    危険地域へと向かうバスの車中、「お腹が重たくなってきた」「トイレ探すのが先や!」「これは、ギリギリの戦いに迫られているな…」と、危険状態を訴える言葉を繰り返し、まさにギリギリ状況が頻発。

    スタジオで千原ジュニアが「千原家はみんなお腹が弱いんです。せいじはようアフリカ行ってるな」と、
    兄の強さに感心してみせるも、千原せいじからは「もう44歳やろ! 自分のお腹と上手に付き合っていけや!」と一蹴される。

    果たして、千原ジュニアは暴発しそうなお腹の苦しみに負けず、無事日本人の元にたどり着けたのか?(ザテレビジョン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190212-00178981-the_tv-ent
    2/12(火) 6:30配信


    【【芸能】千原ジュニア イスラエルへ!最大の敵は自分の体の部位…】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    徐々にで行こう☆

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/09(土) 19:40:13.74 ID:vVNE8Fjv9.net

    2月2日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に、インパルスの堤下敦(41)が出演。
    そのさえないリアクションに、ネット上ではファンから心配の声が相次いだ。

    この日のオープニングトークで、ひな壇にいたインパルスの板倉俊之(41)が「僕の知人がですね、
    さんまさんをはじめ、皆さんにごあいさつをしたい」と告げると、相方の堤下敦がスーツ姿でスタジオ脇に登場した。

    道路交通法違反などで1年間謹慎し、昨年10月に芸能活動へ復帰したばかりの堤下に対し、MCの明石家さんま(63)が「これでもう放送できひんのやろ?」とツッコむと、堤下は「できます」と苦笑い。
    「一昨年の11月にゲストで呼んでいただいていたんですけども、わたくしが不祥事で出られなくなってしまって」とさんまたちに謝罪した。

    それに対し、明石家さんまが「何があったの?」とトボけ、陣内智則(44)も「世田谷通りでタクシーにぶつけて逃げたやつやんな!」とそのボケに乗っかったところ、
    堤下敦は「それは(NON STYLEの)井上(裕介/38)なんです」とすかさず反論。だが、NON STYLEの石田明(38)から
    「なんでオマエがツッコむんや!」と叱責されると、おいしい場面であるにもかかわらず、堤下は「こっちに(話が)来たから。ごめんなさい、申し訳ない」と普通に釈明した。

    そんな中、ハイヒールのリンゴが「あんまり反省していないって聞いてますよ。なんかスタッフとの打ち合わせのときに、スパスパたばこ吸ってて。反省してるんやったら、シュンってすべきちゃいますの?」と堤下敦を批判。
    返す言葉のない堤下敦だったが、板倉俊之が「あんまり攻撃すると、また意識が朦朧とする」と一昨年、意識が朦朧とした状態で車を運転した堤下をイジって、場をもたせていた。

    その後、“堤下は進化したのか?”と題され、堤下敦がネタを披露したのだが、残念ながらすべりまくり。
    さらに“ゲスト向上芸人”として登場したフォーリンラブのバービー(35)が堤下敦の運勢を占うことになったのだが、ここでも、堤下のリアクションの悪さが際立った。
    手相を見ていたバービーが堤下の目をつぶらせて、いきなりキスをしたのだが、堤下は「あっ!」と小声でビックリするという芸人らしからぬ素のリアクションを披露。

    その様子を見かねた板倉俊之が「バービーにキスされて、“あっ!”で終わりですよ。そんなヤツじゃなかったですもん」と堤下敦を心配し、
    共演者たちからも「ドラマのワンシーンみたいなリアクションでしたね」という声が出ると、堤下はそれを笑いに変えるどころか
    「申し訳ないです、本当に。すごくいま反省しています」と平謝りするばかりだった。

    こうした堤下敦のさえないリアクションにファンは驚いたようで、ネット上では「緊張してて、ビックリするぐらいキレがない」「堤下のツッコミ衰えたなマジで」
    「堤下めちゃ腕落ちてるじゃねぇか」などと堤下を心配する声が相次いでいた。約1年も謹慎していただけに、堤下がお笑い芸人としての勘を取り戻すには、まだまだ時間がかかりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1685837/
    2019.02.09 19:00 日刊大衆


    【【芸能】インパルス堤下敦 お笑いの腕が落ちてる??】の続きを読む



    (出典 owaraichuu.com)


    気持ちはわかるけど、何となく納得いかない…
    みんな頑張ってるもんね☆

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/09(土) 08:07:46.54 ID:vVNE8Fjv9.net

    ミラクルひかるが、8日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。
    同じモノマネ芸人の福田彩乃への不満が噴出する一幕があった。

    ミラクルはこの日、原口あきまさ、ホリ、山本高広と組んでいるモノマネユニット「変人」の1人として登場し、ギャラの話題で盛り上がっていた。
    ここで山本が、アシスタントとして出ていた福田彩乃に向かって「多分ここが多い」と、高額なギャラをもらっていると予想。

    するとミラクルも福田に対し「お前の代わりに(営業)行ったことがある」と暴露。関係者から「福田さん(のギャラが)高すぎて」と言われた事実をつきつけた。
    彼女の不満は止まらず、「自分が作ったネタを、もしかして一旦停止して見たのでは」「コピー感があった。YOUさんのモノマネとか、長澤まさみさんとか」と、福田の定番ネタも疑問視。

    さらにミラクルは、「そこまでだったら良かったんですけど、最近ね、(現代芸術家の)草間彌生さんまでかぶってる」と訴え、「嫌がらせでしょ?」と追及。
    だが福田は「ちょっと待ってほしいんですけど、私そんなにミラクルさんのこと見てない」と素っ気なく返すと、ミラクルもそれ以上言えなかった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15996397/
    2019年2月9日 6時0分 RBB TODAY


    【【芸能】ミラクルひかる、テレビで福田彩乃への不満爆発!】の続きを読む

    このページのトップヘ